新聞チラシの不動産情報

不動産リースのデメリット

不動産リースは、土地の有効活用として広く行われていますが、承知していなければならないことがあります。それは、貸した相手がその上に建物を建てたいと依頼してきた場合に、了解するかどうかです。プレハブのみ了解する方法もありますが、借り主には一定の居住権・使用権が付帯しますので、一定期間その土地を他の目的で利用できないことを覚悟しなければなりません。代表的な例はコンビニエンスストア・ファミリーレストラン・スーバーマーケットなどですが、定期的に賃貸料が入るので良しとするかどうか、不動産リースは高度な判断が求められるところです。

土地のリースについて

戦後間もないときに借地し、60年たった今も借り続け、その土地の上に新築の住宅を建てたりすることは多くあります。不動産のリースといいますと、このような事例ではなく、コンビニエンスストアやファミリーレストランなどへの借地をいいます。上のようなリースですと、相手が安定していますので、土地の所有者にとってはありがたいものとなります。ただしこのような場合は、立地条件が優れている場合に限られますので、土地売買においても大変有利な価格で取引できる不動産となります。今後の財産保持のために売りたくない場合、土地貸しが活用されます。