新聞チラシの不動産情報

不動産としてのマンションの価値

マンションは、もちろん購入時は不動産として1000万円から3000千万円、場所によっては更に高額の価値をもって販売されていることがあります。しかし購入する場合に注意しなければならないのは、周知のことですが居住権が居住者の権限範囲の他に、居住者同士の共同箇所が多いことです。一般的には自治組織が管理をし、町内会よりも強力な権限をもって運営されていることが普通です。安定した生活を望むのであれば、この自治組織に積極的に参加することが求められます。ただし不動産としての価値は年数と共に下がりますので、購入する場合は承知の上であることが大切です。

マンション購入について

不動産の購入で思いつくのは土地・建物ですが、一戸建てはとても高価です。その為、マンションの購入を検討する人が多いわけですが、購入したらそれ以上お金がかからないと思っている人が意外の多いのも事実です。マンションを購入すると毎月かかる費用として管理費・修繕費がかかります。この金額が結構ばかになりません。新築の頃は、管理費・修繕費合わせて1万程度だったものが、年々あがり、気づいたら2〜3万かかるという事もあります。そうすると、月々のローンに加え余計な出費となるわけです。「これなら一戸建て買えたのでは」と思えるほどの月々の額になることもしばしばあります。その為、不動産購入時にはローンの額だけに目をとらわれずにトータルで出費は考えないといけないです。